パンくずリスト


企業情報

沿革

1958年 東京・府中市に白山工業所を個人企業として設立
金属用スリッターの開発・製造・販売を開始
1971年 ロールカットスリッターの製造・販売を開始
1973年 ピットレス方式のフリクション巻スリッターを開発
1986年 白山工業株式会社に組織変更(資本金 2千万円)
環境計測機器の開発・製造・販売を開始
1987年 バッテリ駆動の気象用データロガーLT-2001を開発
1988年 1300mm幅大型フリクション巻スリッター開発
1989年 乾電池で1年間動作するデータロガーLS-3000PtVを開発
1992年 張力自動制御スリッターを開発
1995年 GPS内蔵超小型構造探査用ロガーLS-8000SHを開発
1996年 全国の大学を結ぶ衛星通信テレメタリング地震観測システムを受注
1998年 高感度地震用計測機LT9500を開発、高感度地震観測網(Hi-net)に採用
1999年 10μm金属箔用高精度スリッターを開発
2000年 有珠山噴火に伴う火山観測ネットワークシステムを受注
2002年 資本金を8千万円に増資
ダイナミックレンジ135dBの超小型テレメータ/ロガーLS-7000XTを開発
2003年 24bit高精度構造探査ロガーLS-8200SD開発
時刻同期型多チャンネル計測ネットワークシステム「DATAMARK」がグッドデザイン賞を受賞(新領域デザイン部門)
防災科学技術研究所向けにLinux搭載で拡張性の高い計測震度計LX-7000を開発、強震観測網(K-NET)に採用
2004年 「時刻同期型多チャンネル計測ネットワークシステム」が多摩ブルー賞優秀賞を受賞
2006年 緊急地震速報端末の販売開始
2007年 防災科学技術研究所向け強震計LX-8000を開発、基盤強震観測網(KiK-net)に採用
首都直下地震防災・減災特別プロジェクト向け自律協調型地震観測装置を開発、首都圏地震観測網(MeSO-net)に採用
2009年 可搬型地震動シミュレーター「地震ザブトン」を開発
2010年 電池用材料向けマルチスリッターDA700を開発
高層ビル向けに開発した計測地震防災システムVissQ-Proの販売開始
2011年 海底地震計(OBS)専用レコーダLS-9100を東京大学地震研究所と共同開発
事業を通じた市場や雇用の創造が評価され、蔵前ベンチャー賞を受賞
2013年 スリッターシステムを構成するコイル梱包機を開発
VissQシリーズ、簡易震度計システムVissQ-Liteの販売開始
「VissQ計測地震防災システム」が多摩ブルー賞最優秀賞を受賞
2015年 VissQシリーズ、免震ビル対応システムVissQ-ISの販売開始
「VissQ計測地震防災システム」が2015年東京都ベンチャー技術大賞奨励賞を受賞

↑ Top of Page


ページリスト