パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LS-9100 | 海底地震計(OBS)専用 データレコーダー

省電力、高精度、高信頼性のバランスに優れたOBS 専用 データレコーダー

LS-9100

特長

圧倒的な低消費電力

TCXO 版、ミラーモード時の消費電力は、3ch で0.14W、4ch で0.16W、6ch で0.2W を達成しました。
限られた電源でも長期間の計測ができます。


高ダイナミックレンジ

省電力設計ながら100Hz サンプリングで126dB のダイナミックレンジで、OBS 用広帯域地震計との組合せでNLNM 以下の分解能を実現しています。


SD/SDHC/SDXC メモリーカードに対応

記録メディアにリムーバブルなSD、SDHC カードのほか、SDXCカードにも対応しているので、長期間の記録やデータ回収が容易です。


ミラー/ シーケンシャル書込み

カードスロットが2 枚あり、記録方式は、信頼性を重視したミラーモード、大容量のシーケンシャルモードの2 つの書込みモードから選択可能です。


超小型原子周波数発振器に対応

LS-9100-Ax ではデータマークシリーズで初めて小型、低消費な超小型原子周波数発振器を搭載しています。


主な仕様

項目 仕様
型式名 LS-9100-Tx LS-9100-Ax
基準クロック 温度補償型水晶発振器 超小型原子周波数発振器
チャネル数 3~6ch( 1ch 単位で設定可能)
入力レンジ ± 2.5V シングルエンド
入力インピーダンス 102kΩ ± 1%
サンプリングレート 100Hz, 200Hz, 500Hz, 1000Hz, 2000Hz, 4000Hz
AD コンバータ 24bit ΔΣ ADC
デシメーション
フィルタ
最小位相、直線位相 40%
ダイナミックレンジ 126dB (typ)
発振器周波数偏差 ± 0.5ppm 以内 (0℃~ 30℃) ± 0.0005ppm 以内 (0℃~ 35℃)
発振器周波数安定度 ± 1ppm/ 年 以内 ± 0.0009ppm / 月 以内
時刻出力 IRIG-H 準拠 コード出力
記録メディア SD , SDHC , SDXC メモリカード
フォーマット FAT32
カードスロット数 2スロット( ミラーモード、シーケンシャルモード選択可能)
ロガー機能 連続記録、(タイマーによる記録開始、停止)
データフォーマット win フォーマット(1 日ファイル、1 時間ファイル選択可能)
外部インターフェイス シリアルポートx 2 ( ホスト、予備)
外部ヘッドアンプ電源出力 ± 2.5V 1系統
外部ラッチングリレー制御1系統
LED 表示機能 DIPスイッチON、測定待機中に動作状態をパターン表示
電源 主電源 DC 6V ~ 14.5V
バックアップ電源: DC3V ~ 4.5V(時計バックアップ用)
消費電力 サンプリングレート100Hz において、
0.14W(Typ,3ch,ミラーモード)
0.16W(Typ,4ch,ミラーモード)
0.2W(Typ,6ch,ミラーモード)
0.19W(Typ,6ch,シーケンシャルモード)
0.03W(Typ,バックアップ時)
サンプリングレート100Hzにおいて、
0.29W(Typ,3ch,ミラーモード)
0.31W(Typ,4ch,ミラーモード)
0.35W(Typ,6ch,ミラーモード)
0.34W(Typ,6ch,シーケンシャルモード)
0.18W(Typ,バックアップ時)
動作温度 -10℃~ 50℃ 0℃~ 35℃
動作湿度 30% ~ 85%(結露なきこと)
寸法 220mm x 165mm x 60mm( 突起、ケーブル含まず)
重量 1.3kg

※ LS-9100は東京大学地震研究所と共同で開発しました。
参考文献
塩​原​肇・篠​原​雅​尚・一​瀬​建​日・佐​藤​峰​司・池​田​敏​晴​・奥​村​重​厚​・岩​崎​慎,2011,高機能な海底地震計用データレコーダーの開発,日本地震学会講演予稿集2011年度秋季大会,D22-10.


オプション

型番AS910
内容LS-9100 用スターターキット
構成電源ケーブルセット、HOST 接続ケーブル、センサー端子台セット

参考資料

CAT_LS-9100_151005_general.pdfLS-9100製品カタログ

関連ページ

・発売プレスリリース

↑ Top of Page


ページリスト