パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

LU301 | 有線LAN地震計 [記録部]

建物地震観測用記録ユニット

LU301.jpg

LU301は、建物地震観測システム「有線LAN地震計」の記録部です。建物地震観測システムは、記録部LU301とA/Dコンバータを内蔵したセンサ部(別売)とで構成します。1台のLU301に対して最大15台のセンサ部を接続することができます。

特長

複数センサ間で時刻同期した計測

記録部を介して、複数のセンサ部が時刻同期※1しますので、高い精度で同期した地震観測を行うことが可能です。

センサ部は用途に応じて選択可能

センサ部として、標準のSU201のほか、微小振動まで計測可能なSU501を用意しました。
また、SU201、SU501のそれぞれには、防滴タイプもあるため目的や設置環境に応じてお選びいただけます。

建物地震観測に余裕の記録容量

十分な容量のストレージを内蔵しました。例えば15台のSU501を接続したシステムで、6000回以上※2の地震記録が可能です。

Webブラウザで設定やデータアクセスが容易

lu301_ui.png Webブラウザでネットワークを経由して LU301に接続し、各種設定や状態確認、計測した地震波形の確認やデータのダウンロードなどが行えます。


lu301_conect.png

  • ※1 各センサ部は本機を介した同期が可能ですが、さらに絶対時刻精度が必要な場合は、本機がNTPサーバと同期する必要があります。
  • ※2 地震記録数はセンサー数などの条件によって変わります。
  • ※3 PoE(Power over Ethernet)は、Ethernetの配線ケーブル(カテゴリ5以上のツイストペアケーブル)を利用して電力を供給する技術(IEEE802.3af規格)

主な仕様

記録部 LU301
センサ部接続台数 最大15台
トリガ トリガセンサ台数 最大15台
トリガ論理 センサ間OR/AND選択、センサ内OR
プリトリガ時間 1~99秒
ポストトリガ時間 1~99秒
トリガ継続時間 1~30秒
トリガレベル 0~980Gal、1Gal単位
通信プロトコル HTTP・FTP・NTP
CPU ARM Cortex-A8
メモリ 512MByte
通信インターフェイス 10BASE-T/100BASE-TX ×2
内蔵ストレージ 128GBbyte
電源 DC12±10%
消費電力 Max 6.42W (AC100V)
スイッチ INIT
表示・警告 ステータスLED ×3、電源LED ×1、LANアクセスLED
動作環境 温度 -20~40℃
湿度 20~90%Rh (結露しないこと)
寸 法・重 量 81×144.5×39.2mm、約460g
本体材質 SECC
防水性 なし
[注意]
  • ・推奨PoE HUB  BUFFALO社製 BS-POE-2008MR(給電タイプB)
  • ・LU301は有線LAN地震計の記録部です。システム構築にはセンサ部が必要になります。


標準付属品

ACアダプタ、ゴム足、CD-R(ユーザーズマニュアル)、保証書


システム構成例

lu301_system.png
※図は概要を示すもので、多くの必要な機器が省略されて描かれています。

↑ Top of Page


ページリスト