パンくずリスト


製品情報 - 計測機器

SU501 | 有線LAN地震計[センサ部]

微小振動計測にも対応した高性能な地震計センサ

SU501

SU501はサーボ型加速度センサ※1を内蔵した高精度・広帯域における大加速度計測が可能な地震計のセンサ部です。LU201[記録部]とシステム構築することで、建物の振動計測・解析が可能となります。また、SU201[センサ部]との互換性を維持しているため、システムの組み合わせやアップグレードが容易です。

特長

高分解能サーボ型加速度センサを3個( X・Y・Z )内蔵

SU201では、ノイズに隠れて見えなかった微小な振動まで計測が可能です※2。(ノイズレベルはSU201の1/10以下

大加速度計測[±4G(オフセット1G含む)]が可能

SU201では±1.5Gに対して、本加速度センサSU501では±4Gまで計測することができます。

SU201の基本機能・互換性を維持※3

LANによるデータ通信・PoE受電機能※4により、LANケーブル1本で設置が可能です。
また、SU201と同寸法なので設置時の互換性にも優れています。


ノイズレベル比較表 周波数特性

※1 東京計器株式会社製のサーボ加速度計を使用

※2 本製品は工学分野向け製品であり、地球物理分野で求められるデジタルフィルターを実装していません

※3 SU501はカスケード接続に対応していません

※4 PoE(Power over Ethernet)Ethernetの配線ケーブル (カテゴリ5以上のツイストペアケーブル)を利用して電力を供給する技術(IEEE802.3af規格)

主な仕様

センサ部 SU501
センサ サーボ型加速度センサ
周波数範囲 DC~30Hz
チャンネル数 3チャンネル(水平2成分、鉛直1成分)
A/Dコンバータ デルタシグマ型 24ビットA/Dコンバータ
測定レンジ ±4G(オフセット1G含む)
測定インターバル 10msec
分解能 0.0006gal(水平/鉛直)
通信プロトコル HTTP・NTPクライアント
通信インターフェイス 100BASE-TX
適合コネクタ
:R J 4 5コネクタ
適合ケーブル:Ethernet UTPカテゴリ5以上の8芯ケーブル(最大100m)
電 源 PoE給電対応スイッチによる電源供給
(IEEE802.3af Power over Ethernet規格の給電側(PSE[Power Sourcing Equipment])に準拠するもの、給電タイプBを推奨)
消費電力 3.2W
動作環境 温度 -10~+50℃
湿度 20~80%Rh(結露しないこと)
寸 法・重 量 140×140×58mm・約800g
防水性 なし
価格 オープン

※ 天井取り付け金具等のオプション品もあります。

※ 推奨PoE HUB:BUFFALO社製BS-POE-2008MR(給電タイプB)

※ 計測に絶対時刻の精度が必要な場合には、別途NTPサーバが必要です。

※ SU501は地震計のセンサ部になりますので、システム構築にはLU201[記録部]が必要になります。

標準付属品

CD-R(ユーザーズマニュアル)、保証書

システム構成例

構成例
※図は概要を示すため、省略して描かれています

参考資料

CAT_SU501_140821.pdfSU501製品カタログ

↑ Top of Page


ページリスト